2024 CROSS BIKE LAB. » LOUIS GARNEAU CEN » 🔥 LOUIS GARNEAU ルイガノ CEN インプレ レビュー 🔥

184
2010 ルイガノ CEN(LGS-CEN)をインプレ、レビュー



文字サイズ調整



LOUIS GARNEAU CEN 購入

ルイガノCEN
円高、デフレ、クロスバイクブームの影響で街中をロードバイク、クロスバイク、ミニベロ等で走っている人達を非常に多く見かけるようになり、とりあえず何か速いのが欲しいので、試乗車の用意されているイベントにいくつか出向いていろいろ試乗していました

LOUIS GARNEAU CEN
普段乗りで普通のミニベロに乗っている事もあり、見た目が好みなのでR&M BD-1に試乗したり、ルイガノ RSR3に乗ってみましたが、ママチャリからスポーツバイクに移行する初心者にはハンドルが低すぎて辛かったり、見た目が好みではありませんが、CORRATEC SHAPE WAVEシリーズが以外に良かったりといろいろ試乗してみたものの、購入候補は絞れず終い

一般的な自転車の買い時は
  • 翌年モデルが出始め、現行モデルが型落ちになる秋~冬頃が安い
  • 販売店の仕入れ値は定価の50%?

と言う2点が頭に入っていたので、秋~冬にかけて値下げが始まった車種を時々ショップに行って相場をチェックしていました

年末、新聞のチラシに街中で最も多く見かけるGIANT ESCAPE R3がサイコン付きで32800円だったので、試乗経験はありませんでしたがフレームサイズは合っており、激安なので購入する事に。 結局、価格に負けて試乗イベントに行った意味なし ^^;

LGS-CEN
自転車売り場に到着

ルイガノ CEN
新車の2010 GIANT ESCAPE R3でサイズが合い、サイコンも付いて激安価格

LOUIS GARNEAU CEN
昔乗っていたマウンテンバイクのフレームカラーが白で、どこでついたか落ちない黒い汚れが付いてしまうと汚く目立つ経験をしているのと、気休めでも盗難の観点から目立ちにくい黒が欲しかったので、他の店舗に行けば別の色があってもおかしくないと考えましたが、これまでの経験上、お買い得な現物がある場合はその場で即購入しないと翌日には売れて消えていた経験が何度もあるのですが、激安と分かっていても安い買い物ではないので購入するかどうかしばらく店内で悩みます

LGS-CEN
悩みついでに隣の黒いロードバイクに目をやると、2010 ルイガノ CENが5万円以下と、チラシに載っていなかったロードバイクも在庫入れ替え(型落ち)で激安。 一応サイクルモードで1サイズ小さい女性用モデルのルイガノ CEN WOMANに試乗しています(´・ω・`)

ルイガノCEN
2010 GIANT ESCAPE R3は45800~52500円くらいが販売店の通常時の価格相場(当ブログでのリアル店舗調べ)。 ルイガノ CENの定価が全く分からなかったのでスタッフに聞いてみると、9万円くらいとの事。 と言う事は、約50%オフなので、ほぼ仕入れ値付近? の値下げ価格になり、1割程度? しか利益は出ないはず。 年末の商品入れ替え特価とは言え、クロスバイクの2010 GIANT ESCAPE R3の通常販売価格程度でロードバイクが購入できてしまうので、クロスバイクを購入するはずが急遽ロードバイクを購入(´・ω・`)


LOUIS GARNEAU CEN 付属品

LOUIS GARNEAU CEN
2010 ルイガノ CENの付属品は、保証書、説明書、ベル、リフレクター、パッドスペーサー、タッチアップ(フレーム用補修塗料)等


LOUIS GARNEAU CEN レビュー

ルイガノCEN レビュー
LOUIS GARNEAU CEN レビュー
2010 ルイガノ CENのSTIはSHIMANO SORA ST-3400。 右のSTIは問題ありませんが、親指で押し込む左のシフトダウンのみレバーが異常と言えるほど固く、本来は動きの軽いリリース側なのにレバーが折れるんじゃないかと思うくらい強く押し込まないとシフトダウンできないクソ仕様

LGS-CEN レビュー
2010 ルイガノ CENのヘッドチューブ長はサイズ460で実測130mm。 なぜかルイガノのHP、カタログともに未掲載のジオメトリーのため、中古で購入を考えている方は求めているサイズかどうか参考に

ルイガノCEN レビュー
2010 ルイガノ CEN フレームサイズ 460のステム長は90mm。 コラムスペーサーは
  • 5mmスペーサー×4
  • 10mmスペーサー×3
  • 15mm円錐スペーサー×1

ルイガノ CENのヘッドチューブの長さはロングライド寄りの少し長いジオメトリーですが、フォークコラム長は他メーカーのエントリーモデルやロングライドモデルよりも長く、ハンドル位置(高さ)はトップクラスのため、ハンドルが低く前傾姿勢に慣れるまでがツライ初心者にとってはとてもありがたい仕様。 一般的なロードバイクのコラムスペーサーは合計40mm前後ですが、ルイガノ CENは合計65mmあるので、最も上にステムを取り付ければクロスバイクのGIANT ESCAPE R3とほぼ同じ体に負担の少ない楽なハンドルの高さになります(´・ω・`)

LOUIS GARNEAU CEN レビュー
クランクセットはコンパクトクランクのSORA FC-3450(50/34T)。 フロントディレイラーはSORA FD-3400。 この世代からリターンスプリングが強くなっているのでシフトレバーの引きは重めですが、可もなく不可もなく、変速性能は普通 

LGS-CEN レビュー
リアディレイラーはSORA RD-3400-SS。 グレードとは関係なく、リアディレイラーはこの世代だけリターンスプリングが1.5~2倍くらい? 強いのでシフトレバーの引きは重め

ルイガノ CEN レビュー
2010 ルイガノ CENのシートポストは27.2mm規格のアルミ製で黒いポスト部分は実測311mmの実測重量237g

LOUIS GARNEAU CEN レビュー
2010 ルイガノ CENのシートポストは重い方ではありませんが、一切カーボンパーツが採用されていないロードバイクのため、手始めにカーボンシートポストに交換してカスタム


LOUIS GARNEAU CEN 乗り心地

LOUIS GARNEAU CEN
LGS-CEN
2010 ルイガノ CENのフロントフォークは横から見ると平べったい幅広。 前後方向から見ると細くなっている剛性とエアロダイナミクスを考えたエアロなアルミ製フロントフォーク。 振動吸収性が悪いと言われるストレートタイプではなく、先端をしならせて振動を吸収するベントタイプのフロントフォークで、カーボンフォークには若干劣りますが、ルイガノ CENの乗り心地の良さに貢献しています

ルイガノCEN レビュー
フレームの前三角はヘッドチューブ側のトップチューブ&ダウンチューブを縦長にして縦方向の剛性を確保。 シートチューブ側は横長にして横方向の剛性を確保するトレンドを抑えた形状。 トップチューブ全体をアーチ形状にしてしならせるので、不快な硬さが感じられず、アルミフレームとしては乗り心地が良い部類のフレーム(´・ω・`)

LOUIS GARNEAU CEN レビュー
リア三角のシートステー先端は、トップチューブの先端より若干下にずらしてシートチューブと溶接する事でリアからの突き上げ感が緩和される設計で、フロント三角のアーチ形状との相乗効果でルイガノ CENは乗り心地がとてもマイルド(´・ω・`)

LGS-CEN レビュー
サドルはLG-RACER。 フレームは乗り心地が良いもののサドルは初心者には硬めなので、評判の良い柔らかいサドルに交換したいところ(´・ω・`)


LOUIS GARNEAU CEN インプレ

LOUIS GARNEAU CEN
ルイガノCEN インプレ
2010 ルイガノ CENのブレーキはTEKTRO R710。 ブレーキシューの性能が低く、剛性も低過ぎて全く止まれず、意識してかなり早くからブレーキをかけなければいつ追突事故を起こしてもおかしくないレベルの評判以上の利きの悪さで非常に危険(´・ω・`)

LGS-CEN インプレ
カタログでのスプロケは12-25Tと記載されていますが、実際に装着されているスプロケはCS-HG50-9の12-23T(12-13-14-15-16-17-19-21-23T)。 チェーンラインが斜めになり過ぎないイン側2枚残しで使用するのが基本になるため、スタート時に使うギアは50×19T。 どう考えてもスタートが19Tではギア比が重過ぎ、加速が悪いので、最低でも21Tがスタートギアになる14-25T(14-15-16-17-18-19-21-23-25T)辺りの1T刻みが多い10速のジュニアスプロケに相当するスプロケに交換してスタートと加速を楽にしたいところ(´・ω・`)

LOUIS GARNEAU CEN インプレ
購入直後、走ってもなぜかクロスバイクより少し遅いくらいのスピードしか出ないため、ホイールを空転させてみると回転が全く持続せず、すぐに止まってしまう事が判明。 新車なのになぜだろうと展示してある他の車種のリアホイールを回してみると、同じ様に回転が持続せずすぐに止まってしまうホイールが多め。 調べてみると、新車購入時のホイールはすぐにハブが緩まないように玉当たりをかなりキツめに締めているとの事でしたが、ハブの玉当たり調整作業をしていないのはただの手抜き。 きつすぎる玉当たりはベアリングを痛める原因にしかならないので13mmと15mmのハブスパナとモンキーレンチで玉当たり調整

ルイガノCEN インプレ
ハブの玉当たり調整後は分単位で回るようになり大幅にスピードアップ ^^

次の記事を読む
この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

コメント

非公開コメント