2024 CROSS BIKE LAB. » CANNONDALE CAAD8 » 🔥 CANNONDALE CAAD8 フレーム重量 フロントフォーク 重さ リアディレイラーハンガー 🔥

183
CANNONDALE CAAD8のフレーム重量、フロントフォークの重さ、交換用リアディレイラーハンガーを紹介



文字サイズ調整




CANNONDALE CAAD8 フレーム レビュー 評価

GIANT DEFY フレーム重量
今回購入したロードバイクはホイール、ブレーキがカスタムされた中古の2013 CANNONDALE CAAD8 6 Tiagra。 そのままでも問題なく走行可能でしたが、チェーンオイルが完全に乾き切るほど放置されていたので、レストア、オーバーホールのために完全に分解し、フレーム重量、フロントフォークの重さを計測

GIANT DEFY フレーム重量
CANNONDALE CAAD8のフレームは2種類の仕様があり、105グレードからはボトムブラケットの剛性が高いBB30仕様。 TiagraグレードまではBBがねじ切り(スレッド)タイプのBB。 このCAAD8のコンポはTiagraのためBBは圧入の必要が無くメンテナンス性の高いシマノのホローテック2等が取り付けられるねじ切りタイプ(JIS)

ルイガノ JEDI スプリング 交換
LOUIS GARNEAU JEDI スプリング 交換
CANNONDALE CAAD8のケーブルガイド。 他のCANNONDALEのロードバイク同様にCAAD8もネジで固定しない、突起でフレームに引っかかっているだけのがたつき、遊びが発生するために評価が二分するケーブルガイド

GIANT DEFY フレーム重量
BB後方にはチェーンステー根元付近の横剛性を補強するブリッジ

GIANT DEFY フレーム重量
シートチューブとBBの接合部は、シートチューブ先端を前後方向から潰して横方向にほんの少しだけ広げたBB付近の横剛性を高めるDELTA SEATTUBE

GIANT DEFY フレーム重量
CANNONDALE CAAD8 6 Tiagraのシートチューブの割りはスタンダードな後方側。 BB30仕様の105グレードからは前方になる違いがあります

ルイガノ JEDI スプリング 交換
LOUIS GARNEAU JEDI スプリング 交換
チェーンステーとシートステーは上下方向から潰しを入れてほんの少しだけ横に広げた横剛性を上げつつ、乗り心地を向上させる左右対称のS.A.V.E(Synapse Active Vibration Elimination)。 DELTA SEATTUBEもそうですが、上位グレードにCAAD10があるため潰し具合が控えめで、CANNONDALE CAAD8のフレームは何とも中途半端と言った評価(´・ω・`)

GIANT DEFY フレーム重量
CANNONDALE CAAD8 フレーム側のダボ穴はシートステー内側のリアエンド付近のみ。 シートクランプ付近にはダボ穴が無いため、ダボ穴を4つ使用するタイプのリアキャリアの取り付けにはGRUNGE キャリアダボ付シートクランプ V23P039等が必須


CANNONDALE CAAD8 フレーム重量

GIANT DEFY フレーム重量
2013 CANNONDALE CAAD8 Tiagraのフレーム重量は、素手で簡単に取り外し可能なヘッドチューブの上下ベアリング。 ダウンチューブ、シートチューブのボルト。 リアディレイラーハンガーを取り外し、フレームのみの状態で重さを計測

CANNONDALE CAAD8 フレーム重量
2013 CANNONDALE CAAD8
フレーム重量:1343g
フレームサイズ:51
ヘッドチューブ長:140mm
トップチューブ長:530mm(ホリゾンタル換算)
チェーンステー長:408mm

CANNONDALE CAAD8のフレーム重量はエントリーグレードのロードバイクとしては非常に軽量な部類ですが、トップチューブの肉厚が特に薄いので日頃の扱いに注意が必要なのが初心者にはデメリット。 続いてフロントフォークの重さを計測(´・ω・`)


CANNONDALE CAAD8 フロントフォーク 重さ

GIANT DEFY フレーム重量
CANNONDALE CAAD8のフロントフォークのコラムはブラックに塗装されているのが特徴(ほとんどのロードバイクのフロントフォークのコラムは未塗装、またはシルバー)

GIANT DEFY フレーム重量
CANONNDALE CAAD8のフロントフォークはごく普通のオーバーサイズ規格で下玉押しも割りが入っていない普通のもの。 スターファングルナット含め取り付け取り外しが大変なため、取り付けた状態でフロントフォークの重さを計測

CANNONDALE CAAD8 フレーム重量
2013 CANNONDALE CAAD8
フロントフォーク重量:553g
コラム長:227mm(実測)
コラム:アルミ
ブレード:カーボン

フレーム重量も軽量でしたが、フロントフォークもアルミコラムのカーボンフォークの重さとしては軽量な部類


CANNONDALE CAAD8 リアディレイラーハンガー

GIANT DEFY リアディレイラーハンガー
CANNONDALE CAAD8のリアディレイラーハンガーは型番KP255。 純正品の価格は安いリアディレイラーハンガー修正ツールくらいなら購入できてしまう価格のため、倒れて曲がってしまった場合の交換用リアディレイラーハンガーは安い互換品のリアディレイラーハンガー No.68の一択(´・ω・`)

次の記事を読む
前の記事を読む
この記事をチェックした人はこんな記事もチェックしています

コメント

非公開コメント