2021 GIANT ESCAPE LAB. » 未分類 » 8kgフラット FUJI ROUBAIX AURA 購入

FUJI ROUBAIX AURA
試乗も購入もせずにメーカーが公表しているスペックだけで良し悪しを判断するカタログ評論家からの評判は良いものの、実際に購入している人が極めて少ないため、2~3年に1台くらいのペースでしか街中で見かけないFUJI ROUBAIX AURA



文字サイズ調整

時々お買い得情報を探していますが、こう言うお得な考え方、買い方もあるのか~と、計算が甘かった(メルカリヤフオクジモティー)のは別にして、真似して探してみると、お得そうなFUJI ROUBAIX AURAを発見

FUJI ROUBAIX AURA
大雑把にしかROUBAIX AURAについての知識が無かったので勉強しながら落札し、大きな箱で到着

FUJI ROUBAIX AURA
開封すると逆さまに入れられており、リアタイヤまで外されているため箱の中はスペース余りまくりの動きまくりなちょっと危険な梱包でしたが、奇跡的にそのまま運ばれたようで、ハンガーは曲がっておらず一安心。 場所を調べてみるといわゆるヤードで、自転車専門店ではないので致し方ありませんが、ヤード系では有名な悪徳業者も存在するので評価が良いものの状態が心配 ^^;

FUJI ROUBAIX AURA
(´・ω・)_/ 箱から取り出す時、この位置にブレーキレバーが刺さっていて持ち上げるのに一苦労

FUJI ROUBAIX AURA
表側はガムテープで補修されているので、輸送中のどこかの段階でブレーキレバーが中からコンニチハした事が伺えます

FUJI ROUBAIX AURA
とりあえず完成状態にして撮影。 FUJI ROUBAIX AURAはクロスバイクのようなシンプルな見た目。 ダーク系のカラーリング。 左右非対称のチェーンステー他と、特徴の多いフラットバーロード。 ステルスカラーの方が人気と思いますが、こちらも全然悪くありません。 ライバルはCannondale CAAD Optimo Claris Flatbar辺りでしょうか? ストリート系でホリゾンタルに近いピストのようなフレームなので、メッセンジャーバッグが似合いそうです



FUJI ROUBAIX AURA
ホイールは前後で実測1500g以下のALX473(おそらくEVO)。 ホイール単体での評判は「ZONDAを買え」でしたが、カスタム済みの車体に付いているのであれば話は別で、使って確かめてみようと購入に至った理由の1つ。 タイヤはなぜか前後とも新品でしたがチェーンは伸びていたのでプラマイゼロ

FUJI ROUBAIX AURA
リムに評判の悪い3色のラインがなかったので後期モデルと判断していましたが、良~く見ると前のオーナーが擦って消していたと言うオチ ^^; リムを確認してみるとディスクブレーキモデルに使われるような薄いリムで極薄のリムテープに1~2㎜大きめ? のニップル穴だったので、リム重量が500g近いZONDAと比較しているカタログ評論家の推測よりもリムは重くないかもしれません?

FUJI ROUBAIX AURA
軽量ホイール以外にもロードでは交換必須のブレーキが前後BR-R7000だったりと、良さそうなパーツでカスタマイズ済みだった事も購入しようと決めた理由。 他にも初めてのストリート系。 初めてのフラットバーロードと面白そうであった事も理由。 ブログをやっている側からするとカスタム済みの車体は書ける記事数が少ないですが、お財布には優しめ

FUJI ROUBAIX AURA
グリップは不明。 素手でがんばって捻ったり引っ張ったりすると1分くらいで取り外せる絶妙な内径と厚みのあるグニョグニョ感。 計ってみると片側46gだったため、エルゴノミクス系のグリップに交換すると70~80g重くなってしまうのは頭の痛い話


FUJI ROUBAIX AURA
ステムはTNI Heliumと形状が良く似ていたので期待していましたが、良く似たそこそこ軽量なTNI エンボスステム。 フラットバーは軽量なTNI XC-SL(廃版)。 どちらも車体のカラーリングコンセプトに合わせた前オーナーによるパーツチョイス

FUJI ROUBAIX AURA
サドルは掲載画像では何か薄いのが付いているな~くらいにしか判別できませんでしたが、クッション有りの中華カーボンサドルで重量120gちょっと。 結構な力で固定されて逆さまでの到着でしたがカーボンレールは割れておらず、想像していたよりもかなり丈夫と判明。 お尻に合わなければ交換なのでこちらも頭の痛い話

FUJI ROUBAIX AURA
あちこちカスタム済みの2019 FUJI ROUBAIX AURAでは計測しても何の参考にもなりませんが、ペダル無しで8㎏フラット。 ペダルを付けたり、普通のサドルにしたりとここから重くなってしまうものの、300gオーバー? の重いBB、Claris R2000系の2×8速仕様での車体重量のため、8㎏フラット~7㎏後半に軽くできる余地は残っています

FUJI ROUBAIX AURAはフレームセットで2㎏程度。 ショップではペダルなし9.2㎏? と、カタログ重量8.9kg(ペダル無し)はどうにも疑わしい重さ。 2019モデルはROUBAIX AURAがモデル名ですが、実際にはフルモデルチェンジでインナーフレームになったMADCAPへと名前が変ったフラットバーロードと同じフレーム

FUJI ROUBAIX AURA
暖かくなったら全バラしをしてMADCAPとしてフレーム重量を計ってみたいところですが、ケーブルガイド付近がこんな感じなので超面倒くさそ~な予感しかせず、前のオーナーがコンポの変更をしていない理由はコレだったのかもしれません

ここ最近続いている物価の高騰。 コロナの影響による世界的な需要減に伴い石油の減産をしているのが主な原因ですが、コロナ感染者が増えれば現状維持。 減ればインフレと上下するものの、SDGsによる脱二酸化炭素(脱石油)の世界的な流れが産油国の危機感として背景にあるため結局はインフレ方向。 遅かれ早かれ物価は高騰してしまうので、大きいお買い物はお早めにと言うお話(´・ω・`)

前の記事を読む

コメント

非公開コメント