2020 GIANT ESCAPE LAB. » AIR

ICAN 軽量カーボンスペーサー レビュー

10
amazonで日々増えていく新しい中華パーツを見つけては、片っ端から販売元の商品を見ていくのが楽しい今日この頃。 先日ELITEのボトルケージを購入したので、2つ目のボトルケージは中華カーボンボトルケージを購入するのもいいかな?と探していると、ICANと言う中華パーツメーカーを発見

Tiagra BL-4600 購入 シマノ ブレーキレバー 交換 レビュー

7
クロスバイク定番のカスタマイズである23C化、グリップ交換、10速化、その他いろいろを終え、先日トップチューブのプレートを取り外して8.545kgまで軽量化したGIANT ESCAPE AIR。 残す定番カスタマイズは、ホイール交換とフロントフォークのカーボンフォーク化のみ

GIANT ESCAPE AIR 105化 10速化 フレーム重量 フロントフォーク重量 1/4

22
GIANT ESCAPE AIRのアウターチェーンリングはクロスバイクでは標準のフロントトリプル 48/38/28T。 38Tでスタートし、平地で巡航速度域近くになると48Tにシフトアップする必要があり、フロントの変速はリアと比較すれば遅いため、どうしてもシフトチェンジを控えたい心理に陥ります

GIANT ESCAPE AIR タイヤ交換 23C化 グリップ交換 スプロケ交換

23
2台目のクロスバイクとなるGIANT ESCAPE AIR。 先代のESCAPE R3ではクロスバイク定番のカスタマイズであるホイール交換、23C化(タイヤ交換)等を行い、乗り心地の向上、加速力のアップ、巡航速度の向上等、非常に良い結果を得られているので、今回はパーツ移殖と言う形で23C化を実施

GIANT ESCAPE AIR レビュー R3 比較 インプレ

15
GIANT ESCAPE R3を購入してから3ヵ月後。 GIANT ESCAPE R3にアッセンブルされているパーツの1つ1つを徹底的に見直し、定価5万円台であるにも関わらず車体重量10kg以下を達成したハイコストパフォーマンスな軽量クロスバイク GIANT ESCAPE AIRが登場